高校の先輩アキラは幼稚園の頃からの付き合いでした。ちょっと兄貴分な感じで私のことを守ってくれるアキラ。運動も出来て、勉強も出来て、女子からもモテるアキラは私の自慢の友達でもあり、フェラ友でもありました。高校一年生の頃、私は好きな男子が出来ました。告白して無事に付き合うようになったけれど、どうしてもHだけが上手くできません。良い雰囲気になっても緊張しちゃう私はその雰囲気をぶち壊してしまいます。さらに、ようやくHが出来ても彼氏はフェラが大好きだけど私は苦手。そのせいで歯を立ててしまい痛いと言われたことがあります。こんな悩みを相談できるのはアキラだけでした。アキラは笑いながら
フェラの練習台を探している女子大生と待ち合わせをする
「俺が教えてあげようか。」と言われました。私が彼氏がいるのにやばいよと伝えると「完全にHするわけじゃないしフェラだけだから浮気にはならないよ。」と言われ夕方アキラの家に遊びに行き早速教えてもらいました。ズボンを脱ぐと私は手で顔を隠してしまいその姿にアキラは「恥ずかしがるな。まずはお前の手で俺を気持ちよくさせろ。」と言われ色々指摘されながらも手コキをマスター。次は舌の使い方。咥えた時の動かし方、目線など教えてもらいました。それは今日だけでは終わらず数日後もやりました。おかげで彼氏からは褒められましたが、アキラは上手くなった私のフェラを気に入りまたやって欲しいと言われました。フェラ友になった記憶はないよと伝えると「今度勉強教えてあげる。」「バイトの給料が入ったらお前の欲しい物を買ってあげる。」など変な関係に変わりつつありました。
フェラ友達募集
舐め犬募集

投稿済 カテゴリー: