女子大に通う人ってほとんどが、中学や高校の頃から女子校に通っているなんてパターンが多いと思います。
だけど私は中学も高校も共学だったんです。
周囲に男性たちがいる環境に育っていたために、男の人と接する方法だとか、別に困るような事も全くありませんでした。
女性ばかりの環境で長く生活をしているような場合、男性とどうやって接触すればいいか分らない、こんな悩みを持つ方も多いみたいです。
男性がよく分らないとか怖いとか、そんな気持ちを持ってしまう人たちが少なくありません。
だけど私は高校までは共学だったから、大学に入っても男性との付き合い方について困ることがありませんでした。
栄養士の勉強をするために女子大に入学、もちろん女性ばかりの環境ではありましたけれども、アルバイト先にはたくさんの男性たちがいる環境でした。
だから正直出会いと言うものには、少しも困ることがありませんでした。
キャンパス内では出会いはありませんが、バイト先ではいくらでも出会いを探せてしまうのです。
もちろん恋人は欲しいって気持ちがありましたから、アルバイト先の男性とラブラブなお付き合いをするようにもなっていきました。
「よくそんなに男の人と知り合う事ができるよね」
こんな事はキャンパスの友達からよく言われてしまっていましたが、それは高校まで共学の学校で生活をしていたからだと思います。
女子大に通うようになってからも、男性との出会いに少しも困ることなどありませんでした。
だから、充実したキャンパスライフを送ることができていたのです。
勉強だって真面目にやったし、恋愛だってたっぷりと楽しむことができていたのでした。
何人もの男性たちとお付き合いをすることもできて、恋愛スキルだってアップすることもできていました。

順調だったために、絶対に素晴らしい将来の伴侶を見つけられるなんて気持ちにもなっていたのです。